シングルマザーのお金事情

シングルマザーでお金が足りない・・!そんな時にもらえるお金や様々な手当などの情報を掲載しています。

養育費を払ってくれない!どうすればいい?

養育費を払ってくれない!どうすればいい?

ちゃんと取り決めをして離婚したけど相手が養育費を払ってくれない・・!
20歳まで支払ってもらえるはずなのに、途中で養育費がもらえなくなった・・。どうしよう・・。

シングルマザーでよくある悩みの種の一つが養育費です。

厚生労働省の「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によると、養育費の受給率は、母子家庭で約24%、父子家庭で約3%となっており、大半のシングルマザーが養育費をもらえていないのが現状です。

ですが、養育費は、子供を育てたり教育するために必要な費用ですし、養育費は、子供のための当然の権利です。

お子さんと安心して暮らすためにも、あきらめずに請求しましょう!

 ここならあなたの代わり未払いの養育費を回収してくれます。相談は無料です。

法律が変わって養育費が取りやすくなった

法律が変わって養育費が取りやすくなった

令和2年4月1日から民事執行法等の一部が改正され、「第三者からの情報取得手続き」が利用できるようになったことで、未払いの養育費も回収しやすくなっています。

法律が改正されたことで、未払い養育費の問題が解決しやすくなっています。

また、罰則も強化され、財産開示手続の開示拒否や虚偽の報告をした者に対して、「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金」の刑事罰が科されることになりました。

以前ならとれなかった養育費も、今なら回収できるかもしれません。

元配偶者が養育費の支払いに応じてくれない時には

元配偶者が養育費の支払いに応じてくれない時には

そうはいっても、どれだけ連絡しても、元旦那が養育費の支払いに応じてくれない・・。
そんな時には、専門家である弁護士さんに相談してみることを検討してみましょう。

元配偶者から不況で給料が下がったから養育費が払えないと言われた・・。

養育費の事をどれだけ相談しようとしても、元配偶者に無視される・・。

養育費の事を相談しようにも元配偶者と連絡がつかなくなった・・。

そんな状況が続くようなら、自分だけで養育費問題を解決しようとしてもなかなか難しいでしょう。

また、養育費はほしいけど、相手と連絡を取りたくない・・。といった場合もあるでしょう。

そんな時には、専門家である弁護士さんにお任せすれば、あなたは元配偶者に連絡する必要もなくなります。

元配偶者の居場所も調査してくれ、連絡や交渉も全て弁護士さんが行ってくれます。

弁護士さんが介入して交渉を行うことで、養育費を回収できる場合が多くあります。

弁護士さんに相談するとなると、相談料や依頼料が気になるかもしれませんが、中には相談だけなら無料というところもあります。

まずは、そういったところに相談だけでもしてみるとよいかもしれません。

下記のところなら依頼料も完全成功報酬で、養育費を回収できたら支払えばよいので、今お金が無くても安心して依頼する事ができますよ。

 相談だけなら何時間でも無料!未払いの養育費を代理請求してくれる弁護士はこちら!

養育費の請求は早いに越したことはありません。

なぜならば、未払い養育費請求権の時効は原則として5年とされているからです。

養育費が未払い状態なら、一日も早く支払ってもらえるように相談してみることをおすすめします。

養育費はいつまでもらえる?

養育費はいつまで払ってもらえるのか・・。気になるところですが、一般的には子供が成人する20までとすることが多いようです。

一般に、子供が二十歳になるまでを基準として養育費の支払い終期が定められています。

家庭裁判所でも基本的には、養育費の支払いは成人までと考えられているようです。

ですが、大学に進学するなどすると、20歳過ぎても子供にお金がかかることから、夫婦の間での合意ができれば、子どもが大学を卒業するまで継続して養育費を支払ってもらうことも可能です。

逆に、子供が大学に進学せずに、高校卒業後に就職を希望する場合などには、高校卒業までを養育費の支払い期限とする場合もあるようです。

養育費はいつまでもらえる?

養育費っていつまで払ってもらえるの? 養育費の支払い時期は、基本的には成人までとされている事から、原則的に養育費の支払いは20歳までとされるのが一般的ですが、場合により変動します。 シングルマザーなら ...

口約束だけでも養育費はもらえる

養育費の取り決めは文章に残しておくのが一番良いですが、口約束だけの取り決めでも養育費をもらうことはできます。

養育費については、公正証書に残しておくことが一番よいと言われています。

公正証書とは、公証役場の公証人が作成する一種の公的な契約書で、公正証書があれば、養育費の支払いが滞った時に、裁判をしなくても元配偶者の財産を差し押さえる手続きを行なうことも可能になるからです。

では、公正証書がないと養育費がもらえないのか?というとそういう訳でもありません。

養育費の取り決めの時に、特に文章に残したり、公正証書に残したりしていない場合でも、養育費を請求することは可能です。

養育費について口約束だけの場合、元配偶者が「そんな話をした覚えはない。」としらを切り続けてしまうと、いつまでたっても養育費は回収できないので、第三者である専門家に頼ったほうがよいかもしれません。

養育費回収のプロである弁護士さんにお願いすれば、口約束だけでも養育費がもらえる可能性が高くなります。

下記のところなら相談は何時間でも無料なので、養育費を払ってもらえない・・どうしよう・・と悩み続ける前に、ぜひ相談してみてください!

口約束だけの養育費でも回収をしてくれる弁護士さんはこちら!

-シングルマザーのお金に関する悩み事

Copyright© シングルマザーのお金事情 , 2021 All Rights Reserved.